「いつでも伝えたいけど、今日にします」じゃなかった?? 母の日のホントの由来 – Happy Mother’s Day
May 8, 2016

mothersday_heart_carnation

今年の5月8日は母の日です。

もう2,3年前に某グリーティングカード・ギフト会社からアップされた動画ですが、今時分の「お涙ちょうだい」な動画ブームにしては、よくできていると思いました。

いつもフル稼働の母親に、毎年どこかに感謝の特別な日を――ということで 5月第二日曜日に・・・

そんな由来でも、いいですよね。

こちらが公式のようです。ちゃんと歴史があったんですね。

南北戦争中にウェストバージニア州で、「母の仕事の日」(Mother’s Work Days)と称して、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービス(Ann Jarvis)
…(中略)…
ジャービスの死後2年経った1907年5月12日、その娘のアンナ(Anna Jarvis)は、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、白いカーネーションを贈った。これが日本やアメリカでの母の日の起源とされる。

(Wikipediaより)

日本へのリンクが、
アンナ・ジャーヴィス氏本人から青山学院に働きかけがあったこと、また、森永製菓が普及に関与していたというのは意外でした。(ちなみにバレンタインデーも森永が発端だったという話は、いまだ都市伝説レベルで公認はされていないようです。)

さらに母の日、
祝日法2条によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝すること」が趣旨とされている。(Wikipediaより)
こどもの日と時期が近いのも、うなずけるお話ですね。

今年はアメリカ時間で、ちょっとずれてしまいますが、いたって去年からの後始末的な日々の中、電話だけはしようと思っています。:)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on LinkedIn0Share on Google+0

Leave Your Words!

Your email address will not be published. Required fields are marked *