patlabor_goto
  信頼は、互いの欠点を認め合うことからしか始まらない
 0     
Jul 7, 2016  
「とどのつまり、信頼なんて互いの欠点を認め合うことからしか始まらないんだしさ。」(後藤喜一, 機動警察パトレイバー) とはいえ、成りきれない四十路目前である。 自分がその種を振りまかないよう心の掃除は ここ10年してきたわけだが、 そういう雑音が、まだ周りから飛び込んでくる。 もう少し。 スピリットの昇華作業は、限りがない。 しかし時間の問題である。光は見えている。
ABC
dog_hello
  【百読は一読にしかず】 残り0.14の壮大ロマン、再び
 0     
Jun 24, 2016  
みんな、今日その手にある仕事を、ひとつ踏み込んでやってみようよ。 誠意でも、懇意でも、週末手前のふんばりでも、気まぐれでもいい。 なんで俺が?私が?の前に、万理自然をスタートにしようよ。 自分を振り返るなんて簡単だよ。 反省というと、多くの人が「非を認める」ことと勘違いをするけれど、これ実は違うんだよね。 反省とは「かえりみる」こと。ただ自分と向き合うこと。 「んーどうなんだ、今の俺?」 みっともないことないよ。心の中までは、誰も見てないもん。 ムッキーもう耐えられないってとき、私は最近、こう考えることにしている。 「ホントのプロは、なぜ穏やかに仕事ができるのだろう? そこを、目指していたんだ
ABC
monty_masa_description
  【百読は一読にしかず】これで解明!モンティ・ホール問題 –
 0     
May 27, 2016  
モンティ・ホール問題、知っていますか? 日本の某バラエティー番組でもとり上げられ、多くの人を悩ませ話題となったこの問題。 元々はアメリカのゲームショー番組「Let’s Make a Deal」で行われていたゲームで、司会者モンティ・ホールが参加者に出題するゲームであった。 なぜ物議を呼ぶ問題になったのかはさておき、何も考えずにゲームをやってみてほしい。 (1) あなたは、A, B, C 三者択一のドアを選ぶ。1つは当たりの景品。残り2つはハズレ(ヤギがいる)  いま例えば、Aを選んだとしよう。 (2) 司会者モンティは、B, Cのどちらか、ハズレのドアを開ける。(Cを開けたとする。
ABC
uzumasa_dvd
  【百読一読】「努力する」の秘訣は「自分を知る」 – 映画「
 0     
May 17, 2016  
© ELEVEN ARTS / TOTTEMO BENRI THEATRE COMPANY 日本では3年前に上映された「太秦ライムライト」(落合賢監督)。 1年おいて2014年にアメリカでも上映された。 私もそのときちょうど仕事の関係でリンクしたが、以来お気に入りの1作となっている。 「太秦ライムライト」は、日本の時代劇の枢軸ともいえる京都の東映太秦(うずまさ)映画村を舞台として、時代劇の変遷、またそれを支えてきた人々や現代の在り様を、分かりやすくギュッとまとめあげたドキュメンタリー風の作品となっている。 主演は、「5万回斬られた男」の異名を持つ往年の”斬られ役̶
ABC
mothersday_heart_carnation
  「いつでも伝えたいけど、今日にします」じゃなかった?? 母の日のホント
 0     
May 8, 2016  
今年の5月8日は母の日です。 もう2,3年前に某グリーティングカード・ギフト会社からアップされた動画ですが、今時分の「お涙ちょうだい」な動画ブームにしては、よくできていると思いました。 いつもフル稼働の母親に、毎年どこかに感謝の特別な日を――ということで 5月第二日曜日に・・・ そんな由来でも、いいですよね。 こちらが公式のようです。ちゃんと歴史があったんですね。 南北戦争中にウェストバージニア州で、「母の仕事の日」(Mother’s Work Days)と称して、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービス(Ann Jarvis) ̷
ABC
project_image
  【百読は一読にしかず】異色のピクサー・ショートフィルム –
 0     
May 1, 2016  
(c)Disney-Pixar Pixarのフィーチャー(長編)映画の前にあわせて上映されるショートアニメーションは、一部の根強いファンにも人気。映画がほぼ世界同時に放映されるようになってからは、日本も、DisneyやPixar映画の根強いファン個体を着実に作りつつある。 私もアニメーションを勉強し始めた当時から「Toy Story 2」と同時に上映された「Luxo Jr.」に始まり、各ショートをいつも楽しみにしてきた。にもかかわらず最近あまり注意してチェックしていなかったが、数年前「Wall-E」と同時公開の「Presto」の裏話を知って以来、再びPixar Shortに対する興味が戻ってき
ABC
20160404211129
  【百読は一読にしかず】「アーユーハッピー?」元朝日新聞社・稲垣えみ子の
 0     
Apr 25, 2016  
人の性格は、持って生まれたものだけでなく 生きる上でさまざまな環境によって形成されていく。 よく言われたことである。 大人になるにつれ、どんな職業にせよ社会のステータスを築き上げて いくうちに、人は世間体(せけんてい)というやつに出くわす。 高級車に乗る、億ションに住むなどといった、思わず鼻であしらいたくなるような 俗なレベルだけでなく、可もなく不可もなく生活しているわれわれも、実は既に陥っているかもしれない。 そんな「中庸レベル」のわれわれはどうだろう? 頭をよぎったのが稲垣えみ子という人物。以前報道ステーションなどであの大胆なアフロで注目を浴びた。つい先日「情熱大陸」で再び脚光を浴びる、知
ABC
thumb_taiyaki
  およげ脱サラくん
 0     
Apr 15, 2016  
free photo from Cafi Net – japanism.info 編集:ミノミヤビ 原詞・原曲:「およげたいやきくん」 1. 毎日毎日 僕らは鉄板 マネージャーの 上で焼かれて 尻に敷かれて 嫌になっちゃうよ ある朝 僕は 店のおじさん パワハラ上司と けんかして 海に逃げこんだのさ   初めて泳いだ海の底 とっても気持ちのいいもんだ   お腹のアンコが重い 財布がやたらと軽いけど 海は広いぜ心がはずむ    桃色サンゴが手を振って かわいい彼女も見限って   僕の 泳ぎ 不甲斐なさ を 眺めていたよ 嘆いていたよ 2. 毎日毎日 楽しいことばかり 難破船 1DK
ABC