musashi_131026_job_v2_jp_RELEASE
  [MUSASHI] シゴトの定義。
 0     
Apr 29, 2016  
Q. あなたの仕事を、教えてください。 ムサシ「僕は、絵描き。毎日アトリエで作品をつくってる。」 オツウ「私は、美容師。美容院を営んでるわ。」 コジロー「俺ぁ、会計士。正確には監査法人だ。」 マタハチ「寿司ィ、握ってますヘイ。」 Q. 楽しいですか? ムサシ「楽しいよ! 生活のアップダウンはあるけど、描いてると何もかも忘れられるんだ。こういう実感が生きてる上ですごく大事な時間だと思う。」 オツウ「はいもちろん! 忙しいときもあるけど、同じお客さんが通ってくれたり、髪やりながらお話できたり、ね。」 コジロー「楽しいなんてもんじゃないが、やりがいはあるゼ。人様や会社のお金を管理するのって、例えるな
ABC
musashi_130824_ChooserChaser
  [MUSASHI] あなたは追究者? それとも追跡者? Chooser
 0     
Apr 21, 2016  
「ムサシぃ! 今日こそ決闘だぁぁ!」 コジローは息を切らせてムサシに駆け寄ってきた。 「前世の雪辱、はらしてくれる! こっち向け!」 今日はマタハチのご飯を探す番になっていたムサシは、振り向いて 「やあコジロー。元気そうだね。」 「元気も何もあるか!貴様のために日々鍛え続けてきたんじゃい!」 「僕のために? おお!そうしたら一緒においしい物探しに行こう!」 どこまでもムサシの無頓着さに肩をすかされるコジローは、呆れて 息が切れていたのも忘れてしまった。 「ムサシよ・・・お前は覚えていないのか? 巌流島で俺を打ち負かしたことを!」 ムサシは穴を掘りながら、クンクンとにおいをかいだ。その鳴らした鼻
ABC
musashi_130818_teamwork
  [MUSASHI] Team Work
 0     
Apr 15, 2016  
「マタハチは、僕の親友だ。何があっても一緒に助け合っていこうな!」 「マタハチ、最近忙しそうだね。どうだい、たまには飲まないか?  ・・ああ、そうかわかった。頑張れよ!」 「マタハチよ、お前なんか、だんだんよそよそしくなってきたな。  僕のなわばりであまり食べ物がないのは、まさか・・?」 「マタハチなんか、もう知るか。俺は俺で生きていく。せめて俺の邪魔を  したら、タダじゃすまない。」 幼馴染のはずだったムサシもマタハチも、いまでは別々に暮らしている。 ムサシは、夜空の北斗を仰いだ。 大きく息をひとつつき、ずっと、ずっと目を閉じていた。 ・・・これだ。僕らの世界はこうなってしまったんだ。 誰が
ABC